鳥取県の引越しは一括見積もりで安くなる!

鳥取県から引越しの際、ネットで無料一括見積もりをとって、複数業者の料金比較をするのが、今や常識のようです。

鳥取県 引越し 見積もり

 一括見積もり比較サイトは、大手や鳥取県の地元の引越業者100社以上中から、

1回の入力で最大10社無料で見積がとれ、簡単に一番安い引越し業者が探せます。
また、複数見積をとることで、引越し料金の価格交渉にも使えるというメリットもあります。
条件が合えば引越し料金が最大50%割引になる場合もありますので、複数の見積もりは必ずとりましょう。
引越し業者を探して連絡をとる手間が省けるのも嬉しいですね。
さらに、一括見積サイトを通せば、プレゼントやサービスもありますので、要チェック!です。

 

鳥取県 安い 引越し

 

 

鳥取県 安い 引越し業者

一括見積もり比較サイト 人気ランキング

鳥取県 引越し 見積もり鳥取県の一番安い引越業者を探す↓



鳥取県の引越し関連コラム-冷蔵庫の引越し注意点

引越しの際、冷蔵庫の引越しには注意点が幾つかあります。

 

1.冷蔵庫の中味は、数日前から徐々に空になるようにしていきます。

 

2.引越しの前日には、冷蔵庫の中を空にします。
 貯氷室の氷や自動製氷機の水や製氷中の氷は捨ててしまいます。

鳥取県 引越業者 格安

 

3.冷蔵庫が空になったら、就寝前にコンセントを抜いておきます。
 電源コンセントを抜くと、霜が溶けて水が蒸発皿にたまることがありますので、蒸発皿の水を捨てます。
 この水が運搬中に漏れると、他の荷物や床などを濡らしてしまいます。
 そこで、前日に電源コンセントを抜いておけば、当日の朝には霜が溶け、
 運搬前に蒸発皿の水を捨てることができます。
 普通蒸発皿の水は引越業者が捨ててくれますが、自分でやっておくと安心です。

 

4.冷蔵庫を車で移動するときは、必ず立てた状態でロープなどで固定して運搬します。
 横にして運搬すると、機械部(圧縮機などが故障して冷えなくなることがあります。
 詳しくは、圧縮機の中の冷凍機オイルが、冷却システム内に回ってしまい、
 故障の原因になります。故障すると修理不能になる場合があります。
 この辺は、引越業者が熟知していると思います。

 

5.冷蔵庫の設置は、、「左右側面」と「上部」と「背面」の放熱スペースを確保するようにしましょう。
 放熱スペースは冷蔵庫によって異なりますので、取扱説明書で確認して下さい。

 

6.電源を入れるタイミングは、最近の冷蔵庫は引越し後すぐに電源を入れてもいいものが多いようです。
 取扱説明書で確認して下さい。
 少し前までは、オイルやガスが安定する1時間ぐらいは電源を入れないほうがいいと言われていました。
 念の為にしばらく置いてから電源を入れたほうが無難かも知れません。

 

7.冷蔵庫は引越し後、電源を入れて冷蔵庫の中が冷えるまでは、なるべくドアを開けないで、
 中が冷えてから食品を入れて下さい。
 通常は冷えるまでに2〜3時間、夏場は約10時間かかります。

 

 

     鳥取県 安い 引越し業者  鳥取県の安い引越し業者を探す!一括見積もり比較サイトはこちら